KAWAIDA

note株式会社でデザイナーしています。グラフィックデザイナーとしても活動していたりします。

今日の注目記事

様々なジャンルで話題の記事をまとめていきます。

  • 24785本

学校に行くことってきっとそんなに大切じゃないよ。

学校に行きたくない時、「ずっと学校に行かずにいられたらどれだけ楽だろう」と、つい想像してしまう。 集団生活というものに馴染めない人間だった私は、小学校時代から「学校」というものが苦手だったように思う。 ✱✱✱ 小学生の頃、私は静かで優しい司書の先生がいる図書室が大好きだった。毎日何かしらの小説を読んで過ごした。低学年の頃は「かいけつゾロリ」シリーズや「名探偵」シリーズが好きだった。ふとしたきっかけで小学3年生の夏休みに1ヶ月かけて読破した「ハリーポッター」シリーズに感銘を

スキ
71

西加奈子「夜が明ける」

何が問題なのかわからない。無知である事を恥じる。しかし無知の知とは良く言ったもので、世間擦れしていない方が物事を杓子定規に考えずフラットに捉えられるのかも知れない。人とは、そしてそれと関わるということとは、何が因果関係を結ぶのか。 何が問題としてきっかけになるのかわからない。総じてそのようなものなのかもしれない、と濁した物言いはできるが本当にそのことをまともに受け止めているだろうか?はたしてまともとは?誰かの意見を検索するのではなく、自分の脳みそを駆使して考え抜く必要性をちゃ

スキ
29

林業のタスク管理をRedmineでやる話

こんにちは!百森代表の田畑です。今日もオシゴト感の強いお話です。ブランコや秘密基地に類する話も徐々にネタを貯めておりますので、辛抱強く待って頂ければ幸いです。 ※Redmine.tokyoという勉強会で発表しました!(2021/11/27) 概要株式会社百森では、業務の効率化を推進しています。今回の記事では、その初段階として行っているタスクの見える化・進捗管理について、もがきながらも実現していることをまとめました。 ※なお、タイトルを「林業の」としていますが、百森は業界

スキ
181

「ころだま物語」の制作を振り返ってみる。【プランナー編】

どうもこんにちは。まめです。専門学校2年生です。 今回、9人のチームで「ころだま物語」というゲームを作ったので、感想だったり意識した箇所だったりをまとめていこうかと思います。 (テーマが「輪廻転生」に決まってから、ゲームとして遊べるようになるまでを振り返ります。つまり全部。) (ちなみに自分の担当箇所は、企画~メインプログラムです。) 「ころだま物語」の軽い紹介ルールは簡単「玉をゴールまで運ぶ。」ただそれだけです。 主人公「こだまくん」の自由に樹を生やすことができる能力を活

スキ
48

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。

  • 2690本

2020年ベストアルバム10選

これ系の記事書くの結構しんどいんですけど楽しいので関係ないです。 アーティスト/バンドの出身地(活動地)と、簡単な感想を添えて。 LAMP IN TERREN「FRAGILE」 日本・長崎県出身、4人組ロックバンドの5枚目フルアルバム。2020年といえばこのアルバムです。つまり1番好きだったアルバム。新型ウイルスの影響で今までとは違った生活を送った1年間。そんな日々に寄り添うことができるアルバムだと感じています。 特に好きな曲: ベランダ Andrew Weathe

スキ
54

資本主義と音楽|ポップミュージックが描く現代社会の光と闇

今回は、資本主義と音楽というテーマで、現代の資本主義を鋭く風刺したRina Sawayama「XS」と、現代の全体主義的社会を皮肉ったKaty perry「Chained to the rhythm」について、書いていこうと思う。 前回、前々回のnoteではフェミニズムと音楽というテーマで和訳しつつ歌詞解説していく形で紹介していたが、今回は資本主義と音楽、というテーマを軸に書いていきたいと思う。 血縁を超えた愛情関係を肯定したRina Sawayama「Chosen Fa

スキ
85

台湾最大級の音楽賞にして、「インディー」に焦点を当てたGIMAを、キミは知っているか? エントリーの仕方などを、2022年1月刊行予定『アジア都市音楽ディスクガイド(仮)』収録コラムより一部抜粋してお届け!

金音創作獎(Golden Indie Music AwardsまたはGIMA)とは?音楽賞といえば、世界で一番有名なのが全米のグラミー賞だが、台湾でグラミー賞にあたるのが、金曲獎(Golden Melody Awards)。それに対して、本記事で紹介したいのは「金音創作獎(Golden Indie Music Awards)」(以下、GIMA)だ。「創作」という単語が入っているように、アーティストの創造性にスポットを当てたアワード。音楽に関わる各フィールドのスペシャリスト

スキ
32

“燃え尽きよう”とする音楽家と“燃え盛ろう”とする若い女性の魂の交流~『ビル・エヴァンスと過ごした最期の18か月』書評(評・江﨑文武さん)

 70年代末のジャズシーンを背景に、憧れの地ニューヨークでの挫折、ビル・エヴァンスと交わした愛、希代のジャズピアニストが生涯にわたり苦しみ続けたドラッグとの関わり、そして息を引き取る瞬間までを赤裸々に綴った『ビル・エヴァンスと過ごした最期の18か月』(ローリー・ヴァホーマン、山口三平訳)が、ビルの命日である9月15日に発売となりました。  このたびは、エクスペリメンタル・ソウルバンドWONK、ならびにKing Gnu・常田大希さんによる音楽プロジェクトmillennium

スキ
135

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

  • 5870本

デザインを解説する6つのコツ #PATHCOOL

この度、「パスクール パススキル&アイデアの学校」というデザイン書籍を発売しました!この本は作字の制作過程にそって、パスの引き方・ツールの使い方・デザインの知識を同時に解説していくというもので、とにかく内容をまとめるのが難しく、苦しみながら2年間かけて制作しました。 ということで、その2年間で学んだ「デザインを解説するコツ」6点をまとめていきます。※この記事は現在クリエイティブ系の仕事をしている人にオススメです。(文:村石) ①意図や効果を伝える 一番重要なのは、「なぜこ

スキ
40

はじめまして、ヒラギノフォント公式noteです

はじめまして、私は「ヒラギノフォント」を株式会社SCREENグラフィックソリューションズで担当している、正木(まさき)と申します。  私は日々お客様のフォントにまつわる課題解決に携わりながら、「もう一歩だけフォントを知っていただけたら何倍も良くなるのに…!」と感じるシーンが多々あります。 これはフォントに携わる人が常々感じていることだと思います。  例えば街中や映像、ウェブで見かける案内や広告、ソフトやハードに組み込まれるフォント、資料やプレゼンに使われる文字、そして企業

スキ
575

CDOとして、大切に心がけていること

はじめに 最近、過去の自分が残したことで救われたりする機会が多かったので、2021年の年の瀬もあるので、このタイミングでUzabase B2B SaaS Business事業 執行役員CDO(Chief Design Officer) として、大切に心がけていることを書き残したいと思います。来年の自分が、このnoteを見て、ふり返れたら最高ですね! 誰よりもデザインの力を信じること デザインの力は可能性を会社の中で誰よりも信じ、啓蒙してくこと。そして、身を持って証明して

スキ
47

Canvaのデザイナーがnoteブランドの世界観をのぞいてみた【note x Canva対談最終回〜後編〜】

note x Canvaの中の人たちが聞きたいことを聞き合う対談企画の最終回。Canvaのデザイナーチームからnoteのデザイナーチームに聞きたいことを聞きまくる最終回の後編です!(たっぷりの内容となったため、前編・後編に分けてお届けしています。) 前編の記事はこちら↓ この対談の登場人物※ 記事内では敬称略で記載させていただきます。 3. Canvaのブランディングはどう浸透させてる?松下:Canvaさんはそういうカルチャーブック的なものはあるんですか? うふ:指針

スキ
37

#ドラマ 記事まとめ

テレビや動画配信サービスのドラマ・映画に関する記事をまとめていきます。

  • 255本

インテリアが素敵すぎるオススメドラマ#2「わかっていても」

こんばんは。 つくらず、つなぐを大切にしたいインテリアデザイナーRです。 すっかり更新が途絶えていたこの2年、 私生活ではNetflix沼にずっと浸かっています。 note再出発の記事は、最近観た韓国ドラマ「わかっていても」についてインテリア視点で書いてみます。 主人公の美大生の女の子、ナビが暮らす部屋のインテリアが素敵すぎて間取りを衝動的に描きおこしてみました。 YouTubeで聴ける挿入歌のプレイリストのリンクを最後に貼っていますので、ぜひ挿入歌と主にドラマの映像

スキ
60

【随時更新】日本映画のなかのお祭り

日本映画の中に登場する「お祭り」を随時まとめていきます。 日本人にとっては身近すぎてあまり振り返ることもない、ふとしたシーンの場面で使われる「お祭り」の扱われ方から、無意識の中に持っている「お祭り」とは一体なんだろうか、というものが見えてきたら良いなと思います。 いつ、誰にとって、どんなシチュエーションで、どんな感情や営みのなかで、どんな場の装置として、お祭りは効果を発揮しているのだろうか。 それを言葉や写真で表すのではなく、映像で表すことは、説得感が大きい。 映画の中だ

スキ
8

ドキュメンタリーがおもしろい! 公開中のおすすめ3選!

こんにちは。 最近、立て続けに面白いドキュメンタリー映画を3本観ましたので、今回noteで紹介したいと思います。 ドキュメンタリーってやっぱおもしろいよなーって思ってたら、雑誌BRUTUSの映画特集号がドキュメンタリー特集だったのでそのタイミングも面白かったです。 なので今回はその面白かった現在公開中のドキュメンタリー映画3本を紹介できればと思います。 各作品のポスター画像にFilmarksのリンクを貼っておきます。 『SAYONARA AMERICA』(11/12公開

スキ
25

私の”人生をかけた一作”「おかえりモネ」を振り返ってみました

はじめまして。 朝ドラ「おかえりモネ」チーフ演出の一木です。助監督時代を経て、ドラマ演出歴は17年ほど。 この記事では、これまでのドラマ制作で思うことについて、プライベートも含めてつづってみたいと思います。 これまでは大河ドラマ「義経」「天地人」「八重の桜」「いだてん」、朝ドラ「どんど晴れ」「ゲゲゲの女房」「まれ」ほか、岩手県大船渡舞台の「恋の三陸」、福島県浪江町舞台の「LIVE!LOVE!SING!」など、東北を舞台にしたドラマを多く手がけました。 「おかえりモネ」は

スキ
1,983

みんなの年間ベストアルバム2020

みんなの年間ベストアルバムをひたすらまとめていきます。

  • 283本

2020年ベストアルバム10選

これ系の記事書くの結構しんどいんですけど楽しいので関係ないです。 アーティスト/バンドの出身地(活動地)と、簡単な感想を添えて。 LAMP IN TERREN「FRAGILE」 日本・長崎県出身、4人組ロックバンドの5枚目フルアルバム。2020年といえばこのアルバムです。つまり1番好きだったアルバム。新型ウイルスの影響で今までとは違った生活を送った1年間。そんな日々に寄り添うことができるアルバムだと感じています。 特に好きな曲: ベランダ Andrew Weathe

スキ
54

【2020】BEST ALBUM

いやあ、2021年もいつの間にやら3月ですね。 えっ、3月?? ・・・・・・。 2020年のBEST ALBUMを発表します。 twitterでは年末にリリースしてたものをnoteにまとめます。コメントや所感とかは近日、noteで!とかのたまってたんですが、早2か月ちょいが経過しました。有言実行、できてない。 まあ、2019年の年間ベストは去年の5月に出してたのでだいぶマシですね。 さて、#BESTALBUM2020 です。20枚セレクトしてました。 20位~1

スキ
58

【ATOY 2020】年間ベストアルバムと振り返り

 今年も2020年の年間ベストアルバムを決めました! 毎年「これだって感じのベスト作るぞ!」とか気込むものの、結局日々の生活と新譜の荒波に飲まれて1枚をじっくり聴かないでノリで選んじゃうみたいになりがちなのが年間ベスト。今年もその傾向が強かったのかな〜どうでしょう。  今年は国内のアルバム9枚+国外の音楽9枚の計18枚という構成です。 1枚1枚順番に紹介するというよりは、2020年の自分の音楽的興味を、個人的に面白い・関連があると思った曲を絡めながら纏めた備忘録って感じです

スキ
66

2020年 ベストアルバム TOP50

1.Yellow Days/A Day in a Yellow Beat 1stEP、1stアルバムからよりキャッチーな音像となったYellow Daysの2ndアルバム。23曲もの大作。オールドソウル、ブルースに近年のインディーロックを通過させたサウンドメイキングにより磨きがかかっている。 https://youtu.be/HVs-JXBQYp4 https://open.spotify.com/album/6Cn3JpoA3LIrISLDH2gYmJ?si=1kFo

スキ
2