みんなの年間ベストアルバム2020

282
固定された記事

あなたの2020年のお気に入りアルバムを教えて下さい! 「#年間ベストアルバム」を募集し…

2020年、あなたはどんな音楽を聴きましたか? 特殊な状況下でライブやフェスの中止などもあり、音楽シーンにとっても大変な年ですが、それでも一年を通して素晴らしいアルバムが世界中でたくさん発表されました。 年末年始にかけて、2020年発売の作品であなたの推したいアルバムを記事にまとめてみま…

2020年のベストアルバム16枚(耳がひかれたクラシック・ジャズ・ポップス)

2020年はこれらのアルバムを聴きました。 どれもいいアルバムでした。 忙しい人向けにまとめたSpotifyプレイリストはこちら。 主に1曲目を入れてあります。 はじめに 今回のアルバム16枚のジャンルの内訳は Classicalが 6枚 Jazzが 5枚 J-POPが 3枚 R&B / Soulが 1枚 Singer/Songwriterが 1枚 とな…

レコ屋のジャズ担当が選ぶ、2020年個人的ベスト

今年で三回目の”レコ屋のジャズ担当が選ぶ個人的ベスト”です。多くの人が既に語っていることですが、コロナが世界を襲い、BLMが世界中に拡散され、ミュージシャンもそれに反映/呼応した作品が目立った2020年。今年もジャズやその周辺の音楽は素晴らしいリリースが多くて選ぶのが大変でしたが50枚に絞…

2020年振り返り。音楽編

今年はステイホームで家にいる時間が長かったので、たくさんの新しい音楽と出会うことができました。Spotifyの2020年まとめによると「31,282分聴きました。」とのことなので、約520時間聴いた中から特によかったアルバム15個をまとめてみます。 Jaime / Brittany Howard すごいアルバムだった。2020…

SHUN ISHIWAKA STUDIO WORKS “2020”

はじめに 石若駿はジャズドラマーとして、日本を代表するトランぺッター日野皓正のバンドをはじめとして、様々な作品やライブで活躍しているのはジャズファンにとっては周知の事実です。その活躍はジャズに収まらず、クラシックの分野においてもイタリアの天才指揮者、アンドレア・バッティストーニ指…

My Favorite 2020 Japanese Jazz Albums +α

2020年の日本のジャズシーン、もしくは海外で活躍する日本人アーティストのリリースした作品の中から10枚を選んで紹介します。昨年は配信限定リリースを含めて、オリジナリティ溢れる作品がいつにも増して多かったと思います。また2021年、さらに活躍が楽しみな若手アーティストの作品も少し紹介してい…

100

2020年に聴いた音楽

はじめに 2020年によく聴いた音楽をSpotifyが勝手にまとめてくれた自己年間ベストを参照してテキトーに書きます Answer to Remember Spotifyによるとどうやら昨年一番よく聴いたのは Answer to Remember "Answer to Remember" だったようです。 リリースは2019/12だけど、僕がキャッチしたのは20…

2020年12月の耳がひかれたアルバム12枚(クラシック・ジャズ・ポップス)

12月はこれら12枚を聴きました。どれもいいアルバムでした。 忙しい方のためのSpotifyプレイリストはこちら(主に1曲目を封入) 12枚のジャンルの内訳は Jazzが 4枚 J-POPが 3枚 Classicalが 2枚 R&B Soulが 1枚 Rockが 1枚 Folkが 1枚です。 (※分類はApple Musicに準ずる) また個人的な関心と親…

2020年によく聴いた音楽

今年は新型コロナウィルスで色々出来なかった事が多かったけど、それはそれで逆に家で作業する時間が増えて音楽を漁る時間が多かった。 覚えている限りまとめたので大掃除のお供や年末年始の暇つぶしにぜひぜひ。 Alfa Mist & Emmavie / Epoch 2014年にリリースされたAlfa MistとEmmavieの共作EPを…

50 Best Jazz Album of 2020 by "Jazz The N…

Jazz The New Chapter 柳樂光隆が選ぶ2020年のジャズのベスト50です。プレイリスト付きバージョンになります。 1. Ambrose Akimsire - On The Tender Spot Of Every calloused Moment 2. Ben…

100

今年の個人的ベストCD 2020

ことしを振り返ってみると、COVID-19前後に時代の違いを感じてしまってあれ、これ今年だったんだって音源がたくさんありました。 今年の音源は例年とは違うメッセージ性も感じられたりと、いろいろと思うところもありました。 昨年同様、サブスクでのみ聴いてるものは除外、個別に買ったものから個人的…